SBI証券は競合するネット証券と比べてもお得

商品価格の変動や外国為替レートなどの影響を受けて、
様々なリスク要因で株価が変動する株式投資!
銘柄の選択や売買のタイミンクも重要ですが、株式投資初心者にとっては、
証券会社選びが重要であります。

国内には、対面式の証券会社とネット系の証券会社が沢山あります。
株式の売買には、株式を購入する時と、株式を売却する時のその両方に
売買手数料が掛って来ますので、取り引きを繰り返すと手数料は馬鹿に
出来ません。

また、この売買手数料というものが曲者で、投資金額が高額になってくると、
手数料が高い証券会社では一回の取引で1,000円以上かかったりもします。
「初心者なのでそんなに高額な取引はしない」と思うかも知れませんが、
東証一部などの大型株では一単元買うのに50万円以上掛かる銘柄もあります。
そのため、株の手数料を確認するときは最安値だけを比較するのではなく、
約定額50万円や100万円といった部分の手数料にも目を向けましょう。

このような観点から手数料を比較すると、
SBI証券の手数料は利用しやすい水準にまとめられていると感じるはずです。
例えば、対面式の証券会社とネット系の証券会社の比較すると、
ネット系の証券会社の圧倒的に手数料が安いのは言うまでもありませんが、
SBI証券の手数料は、ネット証券会社同士で比較しても割安感があると思います。

投資情報についても、他の証券会社より見やすいかなと思いますし、
実際に私もSBI証券のホームページを見て情報収集していたりします。