在籍確認は電話以外でも可能です

会社員の人が消費者金融にキャッシングの申し込みをした時に、どうしても避けられないのが職場への在籍確認です。
これは申し込みをした人が本当にその職場に勤務しているのか確認する作業で、きちんと確認がとれないと融資を受けることは難しいです。

もちろん相手もキャッシングの会社名など名乗りません。個人名で友人を装って掛けます。ですが、職場によっては私用電話はお断りのところもありますし、個人名であろうと感付かれてしまう可能性も否定できませんので、この電話が困るという人もいると思います。

この在籍確認時の電話がネックで消費者金融の利用を諦めてしまっている人もいるかも知れませんが、申し込み時に追加の書類を用意することでこの電話の代わりにすることが可能です。

具体的には勤務している会社が発行した源泉徴収票や給与明細票、会社名の記載された社会保険証、そして名刺や社員証も用意します。これらが全て揃っていれば、これをもって在籍証明とすることができる業者がほとんどです。
全部揃えられなくても、出来るだけ多く会社名と自分の名前が一緒に記載された書類を持参しましょう。

ですがこれらの書類を申し込み時に一緒に提出したとしても、キャッシングの会社によっては在籍確認の電話をしてしまうかも知れませんので、必ず申し込み時に在籍確認はこれらの書類で行って欲しい旨を備考欄などに記載しましょう。相手も書類で確実に在籍していると判断できれば、電話を掛ける必要は無くなります。

在籍確認の電話が困るという人は、この「追加書類による在籍証明」を利用することで、職場に気付かれずにキャッシングすることが出来ると思います。

また折角申し込み時の電話を避けられたとしても、返済が滞るようなことがあると、その時に掛けられてしまう可能性があります。返済はきちんと行いましょう。