専業主婦がお金を借りるには

消費者金融は、年収の三分の一を超える融資をしてはいけないと定められた総量規制により、収入のない人へはお金を貸してくれません。したがって、収入のない専業主婦はお金を借りることができません。ただ、二つ方法があります。

一つは、配偶者貸付けと呼ばれるものです。これは専業主婦がお金を借りるために作られたものと言ってもいいでしょう。必要書類などを用意して夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合算した金額の三分の一以下までを借入することができます。妻が無収入であっても夫にちゃんとした収入があれば貸してもらえます。ただ、配偶者貸付けを実施している消費者金融の業者はかなり少ないです。

もう一つは、銀行のカードローンを利用する方法です。銀行は総量規制の対象外ですので、収入のない人でも貸してくれます。しかし、銀行は一般的に審査が厳しいと言われています。銀行のカードローンは金利の低いところが多く、金利が低いほど確実に返してくれる人を選ぶからです。

専業主婦がお金を借りる際には、必要な分だけ少額借りてすぐに返済する、夫に話しておく、などの注意が必要です。また、返済のために新たな借入は絶対にしないことです。安易に借りることを考える前に出費を抑える工夫をしてみましょう。どうしても借りる必要があるときは、無利子のキャンペーンを利用する方法もあります。